微笑みかげんの階級闘争

1,540

原冨 悟/著
A5判/128頁
2010年12月発行
カタログPDF
ISBN978-4-87154-096-4

Tag:

説明

―労働組合を100倍楽しむために

「共感力のある労働組合運動を」。埼玉労連議長、全労連幹事、埼玉社保協事務局長など、労働運動、社会保障運動で活躍する筆者が、今の労働運動で大切なことは何かを、分かりやすく綴る楽しさ一杯の「労働組合運動論」「階級闘争論」。キャバレー店員なども経験し、若い頃からのギターで今も「原冨バンド」で時々ライブをする筆者ならでは一冊です。専門用語などには用語解説も。「特に若い方々に読んでいただきたい」との筆者の言葉です。

目次

まえがき ──「微笑みかげん」を考える(解題)

序章 共感力のある組織と運動 ── 労働組合の新しい時代に
ダブルワーク/溜めのある社会と共感力/労働組合の新しい時代/階級的な感性

第1章 労働組合を100倍楽しむ ── 体験的労働組合組織論

 1 土建ぐみあいの仲間たち
埼玉土建の組織拡大運動/苦闘を楽しむ/生きるために組合をつくった
 2 人は集まれば元気になる
数は力…足し算と掛け算/要求が仲間をつなぐ/大衆的で階級的な存在
3 仲間の心をつかむ組織活動
労働組合は菱形組織/左右の脳の統一/全員参加の「全員」って誰?
 4 社会の目、歴史の教訓
ドラマを生み出し、ドラマを楽しむ/ローカルユニオン/機動戦と陣地戦/チェンジとエポック

第2章 草莽崛起 ── 労働組合と社会運動

 1 思春期・青年期の出会い
秋田のかすみさん/ローデシアという国があった/原冨副委員長罷免
 2 地域社会とのかかわり
勝つと困るが負けると悔しい/社会保障運動に首をつっこむ
首長選挙にはまりこむ/見える建設と見えない建設
3 仲間の協奏曲
発展のメロディを奏でる/創造的なスローガン/いろいろな分野の運動の結び役
4 革命と民主主義と憲法
革命という言葉の響き/民主主義と憲法/草莽崛起

終章 つぶやき ── 時に遅れず追い越さず
愛は愛よりも遙かに豊か/「イマジン」の世界

あとがき

*ちょっと微笑んで…
Ⅰ 大きい敵に勝つには
Ⅱ シェパードもいっしょに
Ⅲ 突っ張って追いやられ
Ⅳ ミュージックパーティーの効用