日本とフィリピンを生きる子どもたち

1,540

野口 和恵/著
四六判/184頁  2015年10月発行
カタログPDF
ISBN978-4-87154-137-4

Tag:

説明

―ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン

日本人とフィリピン人の間に生まれた子ども、ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン(JFC)は、現在、10万人とも20万人とも言われている。
多くが母子家庭だ。国籍取得問題、貧困問題など深刻な問題が山積している。
その子供とお母さんたちに長年寄り添い続ける著者がつづるルポ。
著者は、ストリートチルドレンを考える会共同代表。

仁藤夢乃(女子高校生サポートセンターColabo代表)さん推薦
「私たちのおごりや過ちに、彼ら彼女らが気づかせてくれる」

プロローグ 

1 フィリピンの英雄

ハウスメイトの生い立ち
貧困、そして出稼ぎ
べロンとの別離
エレーンの里帰り
一家の大黒柱
お腹がいっぱいになるから
孤児だったアナ
マグダレーナの娘

2 未完成の子ども

JFCネットワーク
ダディ、フィリピンに来て!
父から母への手紙
トヨタ・カワサキ・ヤマハ
自分はどこで誰から生まれたの?
「私は完成していない」
父親になったJFC
笑顔の裏側

3 父との対面

命を与えてくれた男性
ごめん、ごめん、ごめん!
お父さんの誇りになりたい

4 二級の日本国民

「二級の日本国民」なんだ
日本人の血は私の誇り
「私たちはよそ者?」
日本国籍取得の意味
日本人でもありフィリピン人でもありたい
グローバル人材は誰のこと?

5 取引される母と子

ペドロとの再会
エージェントにだまされて
国境を越えた貧困ビジネス
バブルシンドロームの残りかす

6 JFCの誇り

高いDV被害率はなぜ
「死ぬしかない」
「日本語の読み書きはむずかしい」
フィリピン人の母とママ友
「外国人」という視線
「お母さん、学校に来ないで!」
外国につながる子どもの居場所
被災地に生きるフィリピン人の底力
日本とフィリピンをつなぐ夢
「JFCとして誇りを持って生きてみせます」

おわりに

著者紹介