1,700 (税別)

矢吹紀人、相野谷安孝・著
四六判/240頁 2003年5月発行
ISBN4-87154-044-8

Tag:

説明

ルポ・見よ! 「いのち切り捨て」政策の悲劇を

不況のためにやむにやまれぬ国保料の滞納者が急増し、国保利用者の約25%にも達している。しかし、政府は彼らを悪質滞納者呼ばわりし、保険証を取り上げる。その結果、医者にもかかれず、手遅れの死が頻発。
国民皆保険制度の根幹をなす国保制度は、今、崩壊の危機に瀕している。悲惨な実態と、国保崩壊の元凶を徹底取材した迫真のルポ。
伊藤周平九州大学助教授、熊谷金道全労連議長、島田務全生連会長、肥田泰民医連会長、室生昇保団連会長各氏推薦。

目次

●見よ! 「いのち切捨て」政策の悲劇を――矢吹紀人
プロローグ―命の訴えも門前払い
第1章・カネの切れ目が命の切れ目
第2章・長期不況化であえぐ国保
第3章・国保崩壊の元凶は何か
第4章・「社会保障としての国保」への道

●解説
国保をめぐる根本問題は何か
――相野谷安孝