破綻国家ニッポンの挽回策は哲学と教育

1,600 (税別)

菱木勤治/著
四六判/208頁 2021年1月発行
カタログ(PDF)
ISBN978-4-87154-183-1

Tag:

説明

日本は、なぜ、真の先進国になれないのか? 日本はすでに破綻国家と言えるのではないか? 哲学と教育の貧困がその根本原因ではないのか? 日本再生の方策は何か? 諸文献、各国のデータなどから詳細に検証する大労作。本書「はじめに」で著者は出版意図をこう記す。
「この本で述べる私の主張は、市井の一読書人が20年来の読書をベースに、自分なりに考察したものである。今回、浅学・非才をかえりみずこの本を書こうと考えたのは、(中略)日本を立ち直らせる一助になればとの願いからである」

目次

はじめに

第1章 日本の現在―後進国の様相強まる
1 日本の立ち位置、本当に先進国?
2 高度成長以後の政治・経済
3 政治がよくならない背景
4 政治以外はまともな国か?
5 日本は先進国、それとも途上国?

第2章 子どもと羊の国、日本
1 子どもの国・日本
2 ダメ男の国・日本
3 羊の国・日本は意思表明が苦手

第3章 教育が日本停滞の根本原因
1 教育はどうなっているか?
2 総論・識者の見解
3 日本の教育の10の問題点
4 大学をめぐる話題、世界での評価
5 日本の教育は王道・正道から転落
6 教育破綻は若者の自己肯定感を低下させた
7 欧州の教育はどうなっている?
8 54万件のいじめ解消が1丁目1番地

第4章 哲学と無縁の日本
1 哲学(物事の本質の考察)が社会を決める
2 日本に哲学はあるか
3 ドイツ、フランスの哲学教育
4 哲学なしの国・日本の風景
5 引きこもりを考える
6 大きな希望とささやかな決意

あとがき

著者紹介