原爆スラムと呼ばれたまち ひろしま・基町相生通り

2,200

2200円(本体価格2000円+消費税)

A5判/20217月26日発行

著者 石丸紀興、千葉桂司、矢野正和、山下和也

ISBN978-4-87154-191-6 C3036

原爆スラムと呼ばれたまち_ひろしま基町相生通り

説明

現在の「相生通り」は、原爆ドーム北側を東西に走る電車道の愛称として呼ばれるが、かつては相生橋東詰めから太田川に沿って北に伸びる土手道沿いと河川敷一帯が相生通りと呼ばれていた。半世紀前、今からは想像もつかない風景がそこにあった。かつてこの地に、1000戸を超えるバラック住宅がひしめき合う「原爆スラム」と呼ばれる「まち」があった。そこには、「スラム」と呼ばれた社会的偏見とは異なり、貧困に加え国籍差別や被爆による様々な困難、さらに土地の不法占拠からくる一種の負い目や居住環境など多くの問題をかかえながらも、荒廃・無気力・陰湿というものは稀で、むしろ活気があり明るささえ漂っている状況で暮らす人たちや家々や通りの姿があった。消滅したまち「基町相生通り」を悉皆調査(全世帯全戸調査)した記録を、半世紀の時を経て本書で明らかにする。

こうの史代さん(漫画家・『夕凪の街 桜の国』『世界のこの片隅で』作)推薦

これは、普遍のいとなみに満ちた、特殊な街の記録です。この本の精神は、どんな苦難の折にも、わたし達の一条の光となるでしょう。

 

もくじ

巻頭口絵

はじめに

序 章 ひろしまに基町相生通り/通称「原爆スラム」と呼ばれるまちがあった

第1章 ひろしま基町がたどった歩み

第2章 相生通りとはどんな「まち」だったのか

第3章 まちをつくり上げた人たちの素顔と暮し

第4章 調査で出会った人たち

第5章 消滅するまち

第6章 相生通りの人たちにとっての基町再開発

終 章 広島における現代都市としての試み

おわりに