仏教における女性差別を考える

1,650

源淳子/著
四六判/176頁 2020年3月発行
カタログ(PDF)
ISBN978-4-87154-176-3

Tag:

説明

―親鸞とジェンダー
寺に生まれ、仏教研究者、そしてジェンダー研究者である筆者。人間親鸞をこよなく敬愛するがゆえに、宗教的自立を探究するがゆえに、親鸞における、そして仏教界における女性差別を鋭く問いただす。日本人の女性差別観の根本を明らかにする画期的な一冊。
「親鸞は、わたしが浄土真宗本願寺派の寺に生まれたときから身近なものでした。その親鸞、仏教をジェンダーの視点で考えることができたのも、フェミニズムのおかげです。ジェンダーの視点をもちながら、親鸞思想をよりどころとして生きてきました」(本書「はじめに」より)

目次

はじめに
第1章 東本願寺ギャラリー展での女性差別問題
① 経過
②「大谷派の女性差別を考えるおんなたちの会」シンポジウム
③ 真宗女性のつながり

第2章 わたしのターニングポイント ―フェミニズムとの出逢い
① 専業主婦
② フェミニズムとの出逢い
③「女人五障」
④「変成男子」

第3章 ジェンダーの視点で学んだわたしの課題
① 家制度
② 檀家制度下における業論

第4章 「女人禁制」
① 穢れ
②「女人五障」も「女人禁制」

第5章 親鸞思想とわたし
① 親鸞との出逢い
② 世俗と仏法

第6章 宗教的自立
① 宗教的自立を阻むもの
② 宗教的自立とは
あとがき
著者紹介